第153回大阪ベンチャー研究会


 日頃は何かとご協力頂き有難うございます。今月も宜しくお願い致します。  

第153回大阪ベンチャー研究会は、昨日、無事に終了しました。「ソーシャルビジネスとベンチャー」を統一テーマに、3人の経営者の皆様に講演して頂きました。お3人とも、あることがきっかけで、社会的には大きな意味を持つ問題に対して、まさしくソーシャル・ビジネス的に、立ち向かって行かれたのですが、講演を拝聴していて、思わず涙するほどの感動的で素晴しい内容の講演でした。簡単に質疑応答が行なわれた後、暫時休憩の後、3グループに別れて、約1時間ほど、3人の講師を囲んで深堀のグループ・ディスカッションが行なわれました。最後に3人の司会者から、各グループで行なわれた議論の概要が報告されました。そして、全体で「今回の統一テーマ」について、情報共有を行ないました。3者とも実に素晴しい活動をしておられる、そのことから日本社会の明るい未来が感じられるとともに、そのような経営者や従業員の方が年収の面ではそれに見合っているほど十分とはいえない現状に、悔しさを覚えます。今後、一層、ソーシャルからビジネスへ、そしてベンチャーへと、事業を発展させ、是非とも成功して頂きたい。これからの日本社会のリーダーとして活躍していって頂きたい。私たちも、もっと応援していこう。そんな気にさせられた研究会でした。その後、約全員が残り、隣の「酒蔵多気」で交流会&懇親会を行いました。一部(私も入れて7人)はJRの天満駅まで行き、「カラオケ」で美声を競い合いました。

 次回は11月17日(土)14:00~です。ご予定下さい。そしてご参加ください。   記:小西一彦 2018.10.21   

******************************************************************************************

                                                       ご挨拶                                      

                                                                                                      2018年9月27

  朝晩は、随分と涼しくなりましたが、いかがお過ごしですか。さて、10月の大阪ベンチャー研究会

のご案内を申上げます。今回の統一テーマは、「ソーシャルビジネスとベンチー」です。この分野

ご活躍中の3社のベンチャー経営者の皆様に講演を行って頂きます。今月もどうぞご参加下さい。

 「ソーシャル・ビジネス」については、関西でも、既に、起業数が増えて、用語だけでなく概念

いてもそれなりに知られるようになってきているのではないかと思いますが、基本は、経営の1

の目的「利益の最大化」ではなくて「社会問題の解決」でるということと、それを「近代的なビ

ジネの手法」で実現していこうとする点に大きな特徴がある、そのようなビジネスであるとうこ

とと考えられますムハムド・ユヌス氏(バングラディシュ・グラミン銀行頭取)がこれを実践し、

2006年にノーベル平和賞を受け、下記の7原則を示したことで、世界で知られるようになりました。

 このソーシャルビジネスが、ますます、発展していき、その影響で、既存の企業の経営も、少しは

「社会問題解決」の方向に変っていってくれると良いと思います。しかし、そのたには、ソーシャル

ビジネスも、単に「社会問題の解決」と「近代的経営手法の活用」だけでなく、「ベンチャ経営の

採用も重要になっていくでしょう。すなわち「ソーシャル・ビジネス・ベンチャー」こそが、これか

の時代のビジネスの形態として必要だろうと考えています。これも重要な検討課題です。

 まず、第1部では、3人の皆様に事例講演を行って頂きます。各講演後に簡単な質疑応答を行います。

それを踏まえて、第2部では、グループに分かれて、講演者を囲んで、深堀で、テーマに沿っ

ディスカッションを行います。最後に司会(世話人)が、それをまとめて概要を報告し、参加者全員

でテーマに関しての情報共有を行ないます。

 どのビジネスでも成功することは決して容易ではありません。まずは学習が必要です。成功した

者の事例に学ぶとともに、応援も行い、一層、発展して頂き、それを通じて、関西の経済がより良

い方向へ大きく発展していくことを期待しましょう。ご参加を宜くお願い致します。

                                  小西一彦(世話人代表)

****************

 参照資料)経産省「ソーシャルビジネス」(http://www.meti.go.jp/policy/local_economy/sbcb/)9/26閲覧。

 モハムド・ユヌスの名言・格言「ソーシャル・ビジネスの7原則」(https://systemincome.com/12944)9/26閲覧。

 

************************************************************************

              日時と場所

名称:第153回大阪ベンチャー研究会(http://www.osakaventure.jimdo.com

日時:2018年10月20日(土)受付13:30~、研究会開始14:00~、懇親会18:10

会場:日刊工業新聞社大阪支社ビル10A会議室

天満橋駅(地下鉄/京阪)下車、北浜へ向かって徒歩約5分(エル大阪の手前です)

        https://corp.nikkan.co.jp/p/company/map/osaka

        北浜からでも天満橋に向かって歩いて約10分ほどです。

 

資料の準備の都合から、なるべく事前に参加のご連絡をお願いします。定員は60人。

 今年度は、研究会の参加者は、6回中5回が40人~50人で推移しています。

*参加申込受付 : https://ssl.form-mailer.jp/fms/20fb1c00273526

 

*************************************************************************

                  第153回大阪ベンチャー研究会

 

第1部:事例講演と若干の質疑応答(14:00~16:30)

   

1報告:『ソーシャルビジネスで未来を担う子供達に私達が出来る事

〜少年院出院者の自立支援で自社も社会も良くなる経営〜』

報告者:黒川洋司氏(株式会社ヒューマンハーバー大阪代表取締役)

 

ヒューマンハーバー大阪 http://hhosaka.net/

プログレッシブ(美容室)MERRY http://n.merry-salon.com/

   

  <プロフィール>

 大阪市生まれ大阪市育ち 46歳 5人家族

株式会社プログレッシブ(17期目)

・大阪市内に美容室4店舗経営

・ママさん雇用に特化した美容室

・保育士さん滞在の託児所完備の美容室(野田店)

株式会社ヒューマンハーバー大阪(3期目)

社会問題『再犯』を解決する為だけに立ち上げたソーシャルビジネス会社

官民合同プロジェクト『職親プロジェクト』発足メンバー

職親プロジェクト大阪事務局 代表取締役 

良心塾塾長 

事業内容

・リサイクル業

・収集運搬業

・少年院出院者・刑務所出院者の自立支援施設(良心塾)の運営  

<講演内容の概要>

青年期から非行に走り反社会的な考えで人生の殆どを生きて来たが、女手1つ

で育ててくれた最愛の母の急死で今までとは違う生き方をすると決意する。

現在はママさん雇用に特化した美容室経営と少年院出院者の更生自立支援施設

(良心塾)の塾長を務める。

 *****************************************************************************

2報告:「「こどもミュージアムプロジェクトの活動を通して得られた

              大切なもの」

  報告者:後藤昌代氏(株式会社宮田運輸 国際CSV事業部

こどもミュージアムプロジェクト運営事務局)

 

567-0829大阪府茨木市双葉町8-1 奥村ビル4F 403

TEL072-646-6013 FAX072-646-6014

http://www.kodomo-museum.jp/

(こどもミュージアムプロジェクト)

http://www.miyata-unyu.co.jp/(宮田運輸)

 

    <プロフィール>

2001年、㈱宮田運輸に事務員として入社。

シングルマザーとして、二人の子どもの子育てをしながら働き、2002ISO取得への貢献が認められ、管理職に。

自社で起こしてしまった死亡事故をきっかけに、2014年から社内で始まった「こどもミュージアムプロジェクト」に当初から携わる。

現在、「こどもミュージアムプロジェクト」は、社内に留まらず社外へと波及し、20174月 、この取組を日本に留まらず海外へ活動の場を広げようと 国際CSV事業部を設立。

その事業部の責任者として、人と人とのつながりを大切にしながら、世界へこの「思い=やさしさ」を伝えるべく活動中。

 

<講演内容の概要>

・こどもミュージアムプロジェクトとは?

・こどもミュージアムプロジェクトの現在の活動

・こどもミュージアムプロジェクトを通して学ぶ、人の在り方

素敵なご縁を本当にありがとうございます。

よろしくお願い致します。

 
***************************************************************  

 

3報告:「障がい福祉専用eラーニング『Special Learning』について」

 報告者:志村駿介氏(株式会社 Lean on Me(リーンオンミー)代表取締役)

 

https://leanonme.co.jp/about-lean-on-me/about/

   

   <プロフィール>

     株式会社Lean on Me 代表取締役

     2016年大阪府の「ビジネスプランコンテスト」で受賞。  

     多くの企業・役員・弁護士等の前で「知的障がい者との接し方が学べる

     eラーニング事業」のプレゼン発表し、大阪府よりスタートアッパー事業

     として認定を受けた。

     【大阪「障がい者にやさしい街づくり」に情熱を注ぐ起業家の生き方】

              として、201852日(水)Yahoo!ニュースに掲載されました。

  

      <講演内容の概要>

大阪府で障がい者雇用率を達成している企業は45.3%(全国平均48.8%)。障がい者雇用を促進させるためには、障がい者の就労支援機関のスキルアップと障がい者を受け入れる企業の受け入れ体制を整える必要があります。また、就労支援だけでなく定着支援も注目されており、今回はその一連の課題解決について、Special Learningの活用をお用いてお話したいと思います。

***************************************************************

  2部 グループ・ディスカッション(164018:00

 

発表者を囲んで、グループに分かれて、再度、テーマをめぐって、質疑応答や情報提供を行ないます。発表者や参加者が、感想や意見を述べ合い、アイデアも出し合っていくことを通じて、互いに今後に役立つ有益情報の収集、交換の場にしていきたいと考えています。最後に、各グループの司会から全員に議論の整理と報告を行ない、テーマについての情報共有を行ないます。

 ***************************************************************

3部:交流会&懇親会 (18:1019:50)

   会場:「酒蔵 多氣」大阪市中央区北浜東2-13 TEL.06-6941-0639

    https://tabelog.com/osaka/A2701/A270104/27041364/

    ◆第3部だけの参加は不可です。懇親会参加の受付は4:30までです。

 

*************************************************************** 

参加費等

当日研究会費は、会員社会人は500円(同学生は無料)、非会員社会人は1000円(同学生は500円)、交流会&懇親会費は会員社会人は2500円、非会員社会人は3000円、学生は2000円です。会員になるには、入会費は無料ですが、年会費が必要です。4月~3月の1年間有効で2000円(学生は1000円)ですが、10月~3月の入会は半額です。会員番号は固定制です。会員証は会場受付でお渡しします。この研究会で会員になられますと、神戸ベンチャー研究会、北摂ベンチャー研究会、京都ベンチャー研究会でも会員と同じ条件で参加することができます。また、ミニ・プレゼンやイベント用チラシの配布なども可能です。是非、ご入会ください。

 ***************************************************************

関西の4つのベンチャー研究会のご案内 

  1. 大阪ベンチャー研究会   毎月第3土曜日午後2時~、天満橋駅から北浜へ5分、日刊工業新聞社
  2. 北摂ベンチャー研究会   毎偶数月第3水曜日午後6時半~茨木市役所東のクリエイトセンター
  3. 神戸ベンチャー研究会   毎月第4土曜日午後1時~JR三宮駅の北5分、日本経済大学三宮校7
  4. 京都ベンチャー研究会   毎奇数月第2水曜日午後6時~、京都丹波口駅KRP又は同志社大  
  5. NBK起業の鉄則研究会 毎月第2土曜日午後2時~5時、神戸新開地、甲南アセット大開ビル

*但し、変更の場合もありますので、正しくは、各研究会のホームページを開けてご確認下さい。

********************************************************************** 

◆916日参加のお申込みは下記をクリックしてご連絡下さい(定員50名)

https://ssl.form-mailer.jp/fms/20fb1c00273526

**********************************************************************

その他

メールアドレスの変更やメールによる研究会開催案内は不要などの場合は、恐縮です

が、下記までご連絡をお願い致します。

       大阪ベンチャー研究会 世話人代表 小西一彦

konishikazu@gmail.com    携帯:090-3845-8795

          大阪ベンチャー研究会の公式ホームページ

https://www.osakavken.com

*****************************************************************              

      webmailerからの参加申込 : https://ssl.form-mailer.jp/fms/20fb1c00273526

*大阪V研の過去の案内状は、上段の「過去の例会」ページを開けてご覧下さい。 

 ******************************************************************