日頃は何かとご協力頂き有難うございます。今月も宜しくお願い致します。  

********************************************************************************* 

                   158回大阪ベンチャー研究会

             (https://www.osakavken.com

                                                                                        2019年3月10日  

                                                          ご挨拶 

 

皆様、第158回大阪ベンチャー研究会のご案内を申上げます。今回のテーマは「健康長寿とベンチャー」です。昨年6月にパリで開かれた博覧会国際事務局(BIE)総会では、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに挑んだ大阪万博開催(案)が参加国の賛成多数で採択されました。正に「身体も社会も健康が第1です!」。そこで、「大阪万博」に関わって、3人の皆様にご報告頂き、ベンチャーの視点から「健康長寿」について考えていきたいと思います。

まず、シニアを代表して、模範的な活動を展開しておられる元商社マンで現「アカデミア二水会」の創設者である田邦宏様にご報告頂きます。内田様は元気なシニアの人々と共創共助の情報共有や現役の経営者の支援などを活発に行っておられます。その内容と方法がわが国のこれからのシニアの人々の日々の過ごし方に非常に参考になるので報告をお願いしました。2番目の辻村勇様は、長年、医療機器による検診やがん免疫細胞治療、介護、さらにアンチエイジングなど、医療と健康について、総合的なメディカルエージェントとして活躍してこられました。現在、奈良で再生医療を含む未来型医療施設の開設準備をされています。辻村様には最先端の医療、介護、医療観光などについてご報告頂きます。3人目の川竹絢子様は、現在、京都大学医学部5年生の学生さんですが、昨年6月のBIE総会では、見事なプレゼンを行い、2025年大阪万博の誘致に大きく貢献されました。川竹様は、医療と健康の問題は、世代を超えて多分野の人が関わることの大切さを訴えられたようです。BIEへの経緯や2025年大阪万博の成功に向けての取り組みを話される予定です

以上、ご報告下さる皆様は、いずれも「2025年大阪万博の課題を具体的に実践」しておられる方々です。それらの報告を受けて、私たち自身と大阪・関西・日本の「健康社会」をどう実現していくか、ベンチャーの視点から取りみを考えていく最初の機会にしたいと思います。趣旨とテーマ、発表者、講演内容などに興味のある方、関心や関係のある方は、是非、ご参加ください。宜しくお願い致します。

                                                                  世話人代表 小西一彦

********************************************************************************

    主催:大阪ベンチャー研究会 https://www.osakavken.com

    日時:2019年3月16日(土)14:00から18:00 その後、交流会&懇親会

    場所:日刊工業新聞社大阪支社ビル10階A会議室(天満橋駅<地下鉄/京阪>

       下車、北浜へ向かって徒歩約5分(エル大阪の手前です)

        https://corp.nikkan.co.jp/p/company/map/osaka

    事前受付 : https://ssl.form-mailer.jp/fms/20fb1c00273526

*********************************************************************************                テーマ:健康長寿とベンチャー

 

第1報告:長寿社会を迎えて「アカデミア二水会」の挑戦!

   報告者:内田邦宏氏(アカデミア二水会創設)

  

                       https://www.ooaana.or.jp/chamber/company/67.html

 

 <プロフィール>

サラリーマンとして、4つほどの中小企業で働き、49歳で脱サラ、「日本で一番小さな総合商社」

との触れ込みでソリュージョン型の商社を起業する!1枚1000円の蛍光灯カバーから 5000万円の

シート表面検査機まで販売する。販売先には、不二製油、サカタインクス、サラヤ、黄桜酒造、東

京セロレーベル、住友精化・六甲バター、リンテックス、東レ,三菱樹脂、富士包装、花王,住友

金属、など。以来 ベンチャー企業の経営者として 22年頑張ったが、3年前に心筋梗塞を患い、会社

を整理する。その後、健康の回復に伴い、3つのNPOに所属し、情報収集と人脈づくりを行い、

2016年に「アカデミア二水会」を創設した。現在、22人の会員とともに、情報交流とベンチャー

企業の工場視察や経営支援などで活躍中。

 

 <講演内容の概要>

今、日本は、長寿化時代を迎えているが、健康でないと意味がない。シニアとして出来る事は何か?

生涯共創で共助し合いながら、オモシロクてタメになることを探し、刺激し、勉強し合いながら、生

きて行こう!「アカデミア二水会」とはそのようなシニアの会です。本会を構成する主なメンバーの

陣容とこれまでの 講演テーマなどを紹介します!また、南海トラフ地震の襲来率は80%と言われ

ていますが、それへの対応として、画期的な組み立て式コインシャワーを開発された企業様を支援し

ていますので、支援事業の事例として同社のご紹介を致します。https://www.shower.co.jp/

 

    ***********************************************************************

 

  第2報告:「より健康に、安心の未来を目指して」

        報告者 辻村 勇氏(メディカルエージェント)

        前グランソール奈良・海外事業部長 

          日本三易株式会社・取締役

              有限会社キャリーオン・取締役事業部長

                 〒634-0111 奈良県高市郡明日香村岡33-7

     携帯 090-6600-5674

     E-mail:waganaigo0092@gmail.com

 

   <プロフィール>

1978年高校卒業後、10年間ホテルで接客(おもてなし)と営業企画室に勤務する。1988年、「元気

な人が来る病院」に参画し、事務長に就任。2001年、予防医療型会員制医療組織に事務長として運営

・企画を担当。その後、総合病院、社会福祉法人の老人ホームの事務長を拝命する。2011年より予防

医療型機関に海外事業部を開設し、中国約50都市を訪問し各地で講演を行い、富裕層を誘致するとと

もに、カンボジア、タイ、カタールなどにも関係構築。検診や治療だけでなく、医療観光ツアーも

掛ける。がん免疫細胞療法の技術や医療設備や運営管理のノウハウの海外移転を担当する。現在、こ

れまでの経験を生かして再生医療を含む未来型医療施設の開設準備室に参画している。

  

  <講演内容の概要>

 ・精密検診(人間ドック)の検査内容、遠隔画像診断システムのご紹介

 ・がん免疫細胞療法と治療実績のご紹介

 ・アンチエイジングの手法について

   健康に過ごすためには定期的な検診が必要であり、病巣の早期発見・早期治療が大切です。企業の

      定期検診や特定検診の受診では検査項目も少なく、それだけでは自身の身体状況を的確に把握には不

      安が付きまとうことから、年に一度の全身の精密検査をお勧めしています。

 今や日本人は2人に1人はがんに罹患し、がんにより死亡する方は3人に1人と言われています。医療

業界は日進月歩でありますが、ips細胞を使用した再生医療や免疫細胞療法・オブジーボが注目を集め

ています。「がんでは死なない」そんな日も遠くはないと思います。

 またアンチエイジングでは、発毛・育毛の他、いつまでも美しく若くあるための最新療法をご紹介

し、皆様の健康について寄与したいと考えています。より健康に、そして安心の未来を!*************************************************************************

 

 第3報告:「若者いのちと向き合う大阪・関西万博

   報告者:川竹絢子氏(WAKAZO執行代表)

       https://wakazo-online.com/

       https://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20181125000035

 

 <プロフィール>

2014年4月   京都大学医学部医学科入学

2015年11-12月 スタンフォード大学(U.S.) The Sleep and Circadian Neurobiology Laboratory     留学(Researching about “sleep and circadian neurobiology”)

2017年7-10月  クイーンズ大学(カナダ)Queen’s Eye Laboratory留学(Researching about “the     brain function of ADHD and bipolardisorder patients”)(“トビタテ!留学JAPAN” 第6期生)

2018年  第163回BIE総会 プレゼンテーター

2019年  WAKAZO執行代表

 

 <講演内容の概要>

WAKAZOのこれまでの活動と万博で達成したいゴールについて

 

*****************************************************************************************************************

                      第2部:グループ・ディスカッション(16:4018:00

 

1部の発表者を囲んで、グループに分かれて、「健康長寿とベンチャー」をテーマに堀で

議論を行ないます。それぞれが意見を述べ合い、情報交流を行ないます。最後に、グループの

司会(世話人)から、全員に議論の報告を行ないテーマについて情報共有を行ないます。 

       ***********************************************************************************************************

                         第3部:交流会&懇親会 (18:1019:50)

     会場:「酒蔵 多氣」大阪市中央区北浜東2-13 TEL.06-6941-0639

       https://tabelog.com/osaka/A2701/A270104/27041364/

3部だけの参加は不可です。懇親会参加の受付は4:30までです。

       *******************************************************************************************************************

                               参加費等

当日会費は、会員社会人は500円(同学生は無料)、非会員社会人は1000、交流会&懇親会費は

会員社会人は2500円、非会員社会人は3000円、学生は2000円です。会員になるには、入会費は無

料ですが、年会費が必要です。4月~3月の1年間有効で2000円(学生は1000円)ですが、10月~

3月では半額です。会員番号は固定制です。会員証は会場受付でお渡しします。この研究会で会員に

なられると、神戸ベンチャー研究会、北摂ベンチャー研究会、京都ベンチャー研究会にも会員と同じ

条件で参加できます。是非、ご入会(年会費をお支払い)下さい。

************************************************************************************************************************

              ◆第158回大阪ベンチャー研究会(3月16日)参加申込書

·      webmailerからの参加申込 : https://ssl.form-mailer.jp/fms/20fb1c00273526

·      通常Mailか電話からでも受付けます:(宛先) konishikazu@gmail.com 090-3845-8795

·      いずれからでも可能ですが、Webmailer以外の場合は下記をお教え下さい。

1.    お名前                                

2.    ご所属名

3.   1・2部の研究会に参加

4.    第3部の交流会&懇親会にも参加

5.    その他

*当日の参加予定の方の名簿を配布させて頂こうと考えています。不都合な方がおられましたら、その旨も

   お書き下さい。迷惑にならないように不記載にするなどの配慮をさせて頂きます。

***********************************************************************

         ◆関西の4ベンチャー研究会等のお知らせ

                 (詳細は各HPでご確認下さい)     

1.    大阪ベンチャー研究会   毎月第3土曜日午後2時~、天満橋駅から北浜へ5分、日刊工業新聞社大阪支社

             ビル10階A会議室

2.    北摂ベンチャー研究会   毎偶数月第3水曜日午後6時半~茨木市のクリエイトセンター。

3.    神戸ベンチャー研究会   毎月第4土曜日午後1時~JR三宮駅の北へ5分、日本経済大学

4.    京都ベンチャー研究会   京都丹波口駅KRP(詳しくは、研究会のHPを参照下さい)

5. NBK起業の鉄則研究会  毎月第2土曜日午後2時~5時、神戸新開地、甲南アセット大開ビル

        

        その他のお問合せ/ご連絡:小西一彦(世話人代表)090-3845-8795 konishikazu@gmail.com 

****************************************************************************************************************    

別途ご案内

 

    *小林宏至監修『起業の鉄則塾』(あうん社、2019年)の出版と出版記念会のご案内

  関西の4ベンチャー研究会と連携している「NBK起業の鉄則研究会」塾長の小林宏至様が、3月

 10日付けで標記の著書を出版されました。アマゾンでも購入は可能ですが、3月16日の研究会の会

 場でも、購入を希望される方に、著者割引で配本します。WebかMailで研究会に事前に参加申込を

 されます際にその旨をご記入下さい。なお、3月23日の午後6時~8時にJR神戸駅前で本書の出版の

 記念会が開かれます。ご都合の宜しい方は、どうぞご参加下さい。(只今受付中)  

     ************************************************************ 

 平成31312日     

出版記念パーティーのご案内

起業の鉄則研究会 

 

拝啓 早春の候、皆々様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 

 さて、起業の鉄則研究会では、開催150回を記念して昨年来編集をおこなってまいりました本

が出版されました。その名もずばり『起業の鉄則塾』(あうん社発行)です。小林塾長においては

5冊目の本となりますが、この本は小林社長監修のもと、研究会の有志で編纂したものであります。 

 つきましては、下記のとおり出版記念パーティーを開催させていただきたいと思います。 

 新元号の発表ももう間もないこの時期、皆様におかれましても心新たな思いがおありかと思いま

す。ご多用とは存じますが万障お繰り合わせの上、ご出席くださいますようお願い申し上げます。 

                                         敬具 

                     記  

・日 時                 2019年月23日(土)  18:00~20:00 

・場 所                 神戸駅前中国料理「天安閣」(懇親会費5千円・書籍代込み) 

・住 所                 神戸市中央区多聞通3-3-1 神戸アークプラザビル7階 

・電話番号             078-341-0002 (天安閣)

 

主催:起業の鉄則研究会 

協賛:神戸・大阪・北摂・京都各ベンチャー研究会、一般社団法人小林起業振興財団 

 

--------------------------------------  出欠表  ----------------------------------------

                ㈱甲南アセット   <FAX> 078-515-3987 

               <E-Mail> tessoku@kounan-asset.com

 

                            (どちらかに〇をつけて下さい)

                               出席 ・ 欠席

                                    

会社等                                                                  

 

                                      役 職                                                                  

                                                            氏 名                                                          

                                                            電 話                                                                  

E.Mail                  

... 

※会場の都合上、できるだけお早目にご返事いただけましたら幸いです。