第145回大阪ベンチャー研究会


日頃は何かとご協力頂き有難うございます。今月も宜しくお願い致します。  

                    ご挨拶  

 先月は沢山の皆様にご参加頂きまして有り難うございました。IT関連技術(とくにAIなど)は、やはり、皆様にとって関心の高い身近な問題であることが良くわかりました。

前回の概要はこのHPの「ブログ」と「過去の例会」のページを開けてご覧下さい)。

 

 さて、今月のテーマは「デザインとベンチャー」ですと言ってきましたが、都合により、ブランディング&デザインとベンチャー」に変更させて頂きます。ご了承下さい。

 

 ご承知のとうり、ブランディングは、企業が自社製品(最近では企業自身)を、他社製品から区別して(市場のとくに価格競争から離脱して)独自の市場を形成し、強い顧客吸引力を持つブランドにしていく、非価格の競争戦略であり、対市場の政策と行動ですが、これまでは、大手の寡占企業が多用していました。しかし、最近は、IT・インターネットが発達したお陰で、中小零細の企業や個人でもこれを行なうことが可能になりました。

 

 ただ、残念ながら、AIもそうですが、このブランディングでも、日本は、世界と比べると大きく立ち遅れているのが実情です。そこで、今研究会では、まず、ブランディングの概念を理解していくことが必要で、そのため、既に実施されている地元ベンチャーの方に登壇して頂き、解説と事例の講演を行って頂きます。つぎに、それを受けて全員でディスカッションを行い、人や商品や企業のブランド化について学習していきます。合わせて関連の深いデザインやマーケティングについても学習します。関西の中小企業やベンチャー企業のこれからの経営の方向や方法について、議論し、正しい展望を得たいと思います。

 

 上記(「ブランディング&デザインとベンチャー」)に興味のある人、関心のある人、当日、ご都合が宜しい方やベンチャー研究会の活動にご理解とご協力を頂ける方は、是非、知人もお誘い合わせの上、ご参加下さい。(下記の参加申込書をご覧頂きご連絡下さい) 

                              世話人代表 小西一彦 

*********************************************************************

             研究会の日時と場所

 

日時:2018年2 月17日(土)受付13:30~、研究会14:00~、懇親会18:10~20:00

会場:日刊工業新聞社大阪支社ビル10階A会議室天満橋駅<地下鉄/京阪>下車、北浜へ向かって徒歩で約5分、「エル大阪」のすぐ前です。 

          https://corp.nikkan.co.jp/p/company/map/osaka


「ブランディング&デザインとベンチャー」

第1部:事例講演と質疑応答(14:00~16:30)

1報告:「なぜ今、ブランディングが重要視されているのか」

    報告者:上月勇人氏

   (株式会社SEIWA 取締役・クリエイティブディレクター)

 

569-1047  大阪府高槻市大和1丁目1620

Mobile: 090-4281-8481

Mail:h.kozuki@jseiwa.com

自社ブランド「LAUNDRY TODAY

HPhttp://laundrytoday.jp

Facebookhttps://www.facebook.com/laundrytoday.washdry/?ref=bookmarks

 

<上月勇人氏のプロフィール>

・フリーランスのデザイナーとして活動開始

・広告代理店に就職し、デザイナーとしてSPを中心に経験を積む

・デザイン事務所へ転職

・大手通信会社(代理店)のハウスエージェンシーに転職し、クリエイティブ

    部署の責任者としてマーケティング、ブランディングに関わる

2017年株式会社SEIWAを立ち上げ、自社ブランドコインランドリー

LAUNDRY TODAY」をオープンする。

・2018年株式会社SEIWAで他社企業の店舗・商品などのブランディン

 グに関わる

 

     <講演内容の概要>

 

現在、企業・商品・サービスなど全てのものに対してブランディングが重要な時代になっています。生活者の思考の変化、市場・価格競争の激化により、現在は大手企業だけでなく、中小企業もブランディングを本格的に取組む時代になってきました。

今回は私が関わってきたブランディング・デザインの実績紹介だけではなく、ブランディングの基本から、なぜブランディングが重要なのかをご説明致します。 


第2報告:「ジュエリー絵画で日本ブランドを世界へ」

  報告者: 上根 学氏(株式会社 ジュエリーカミネ代表取締役

         株式会社CITY of GEMS JAPAN代表取締役)

 

650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通3丁目5-8

東京事務所:東京都新宿区市谷台町19-14-303

バンコクオフィス:919/315 Jewely Trade Center 11 Fl. Silom Rd.

Bangrak. Bangkok. 10500 Thailand.

ホームページアドレス:http://kaminesz.com/

 

宝石の卸業、小売業

・スリランカ・ラトゥナプラに現在4つの宝石鉱山と11の共通鉱山を日本で唯一保有、サファイアなどカラーストーン(色石)を鉱山採掘から研磨、宝飾品になるまで一貫して扱う。

・ジュエリー絵画を開発・販売、現在世界7カ国で販売。中国・台湾など4カ国で商標登録済、LEDジュエリー絵画で特許所得。 大阪市立大学共同事業。

 

<プロフィール>

大阪市立大学大学院卒、大学時代からファッションモデルとして活躍後、外資系アパレル業界で働き、創業明治39年、112年続く㈱ジュエリーカミネの4代目であり、代表取締役である。芦屋、神戸市内にジュエリー小売店を7店舗展開している。

 日本で唯一、スリランカにジュエリー鉱山を所有し、㈱CITY OF GEMS JAPAN代表取締役も兼務する。親から子、子から孫へ世代を超えて受け継がれる宝石文化を日本に定着させるため、良質の宝石を求め、スリランカの鉱山の調査をしている。

 手塚治虫(火の鳥、リボン騎士)サンリオ(ハローキティなど)日本を代表するキャラクターを宝石で描く「ジュエリー絵画」を世界に発信し、宝石業界を変革するという大きな野望を持つ。TV「世界ふしぎ発見」「未来世紀ジパング」や新聞など多数メディアにも取り上げられている。関西学院大学など大学での講演多数。

宝石鑑定士、宝石学会会員、日本ジュエリー協会会員

 

<講演内容の概要>「ジュエリー絵画で日本ブランドを世界へ」

1.ジュエリー業界の現状

2.ジュエリーとは?

3.日本発のジュエリーブランドの創造

4.ジュエリー絵画とは?

    5.ジュエリー絵画での野望とは?

 

********************************************************************************

 

 第3報告:「足裏から健康サポート!

         世界に1つだけのオリジナルインソール!!」

   報告者:澤田真樹氏(㈱footjapanフットケアアドバイザー)

 

            〒553-0003大阪市福島区福島8-5-6

          Tel.06-4797-0880 Fax:06-7492-6113        

オーダーメイドインソール製造所 株式会社 footjapan

                           http:// www.footjapan.com/

         https://www.facebook.com/footjapan          

 

〈 プロフィール〉

 

1990  大阪市立工芸高等学校図案科卒業 

 2012  株式会社footjapan勤務  

 2013  健康講座「楽ラボ」実施 

大阪市NPO 市民活動 企画助成事業 

・生涯学習活動 「楽ラボ」 

100歳まで楽に生きるをテーマに「楽」の探究と創造をする 

楽+LABORATORY 

専門性を持った講師陣による、気持ちが楽しくなる、体を楽にする体験型の 

講座を開催しています。 

http://rakulabo.jimdo.com/ 

自身の足のトラブルから、全身への不調に繋がる身体のメカニズムに興味を持つ。母親のリウマチ発症から足底装具、整形靴の存在を知りフットケア業界へ。健康産業と健康寿命を健全な方向へのばすことを創造活動中。 

 

〈 講演内容の概要 〉 

〜足の仕組みと靴の正しい履き方を知ればカラダはずっと楽になる〜 

  「ありがとう、楽になりました!」を目指してるインソール販売員の話し 

足と身体の仕組みを学び、なぜ、インソールが開発されたかをひもときながら、 

ひとりひとりの健康に寄り添うデザイン、製品づくり、仕事観をお話しします。 

◆足の骨格とその役割 

◆足のトラブルと靴合わせ 

◆インソールの役割りと重要性 

  ◆市場に良質な製品を流通させる方法 

 

*****************************************************

第2部:グループ・ディスカッション(16:40~18:00)

第1部の発表者を囲んで、グループに分かれて、深堀で質疑応答を行ないます。自己紹介も行い、それぞれが意見を述べ合い、情報交換を行ないます。最後に、グループの司会者から、全員に、議論の整理と報告を行ない、テーマについて、情報共有を行ないます。

 

********************************************************************

第3部:交流会&懇親会 (18:10~19:50)

   会場:「酒蔵 多氣」大阪市中央区北浜東2-13 TEL.06-6941-0639

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270104/27041364/

3部だけの参加は不可です。懇親会の受付は4:30までです。

************************************************************

                参加費等

 

当日会費は、会員社会人は500円(同学生は無料)、非会員社会人は1000円(同学生は500円)、交流会&懇親会費は会員社会人は2500円、非会員社会人は3000円、学生は2000円です。会員になるには、入会費は無料ですが、年会費が必要です。4月~3月の1年間有効で2000円(学生は1000円)ですが、10月~3月では半額です。会員番号は固定制です。会員証は会場受付でお渡しします。この研究会で会員になられると、神戸ベンチャー研究会、北摂ベンチャー研究会、京都ベンチャー研究会にも会員と同じ条件で参加できます。是非、ご入会下さい。


       ◆第145回大阪ベンチャー研究会(2月17日)参加申込書

いずれからでも可能です。Webmailer以外の場合は、下記をご記入下さい。

  1. お名前
  2. ご所属名
  3. 第1・2部の研究会に参加
  4. 第3部の交流会&懇親会にも参加
  5. その他
*当日の配布冊子で参加予定の方の名簿を配布させて頂こうと考えています。不都合な方がおられましたら、その旨もお書き下さい。迷惑にならないように配慮させて頂きます。

          ◆関西の4ベンチャー研究会等のお知らせ

 (各研究会の参加費は各HPでご確認下さい)

 

  1. 大阪ベンチャー研究会   毎月第3土曜日午後2時~、天満橋駅から北浜へ5分、日刊工業新聞社、次回は3月17日、午後2時~「環境・エネルギーとベンチャー」です
  2. 北摂ベンチャー研究会   毎偶数月第3水曜日午後6時半~茨木市役所東のクリエイトセンター、次回は221日午後6時半~です。
  3. 神戸ベンチャー研究会   毎月第4土曜日午後1時~JR三宮駅の北5分、日本経済大学三宮校7階、次回は2月24日午後1時~です。
  4. 京都ベンチャー研究会   毎奇数月第2水曜日午後6時~、京都丹波口駅KRP又は同志社大(詳しくは、研究会のホームページを開けてご確認下さい)
  5. NBK起業の鉄則研究会 毎月第2土曜日午後2時~5時、神戸新開地、甲南アセット大開ビル、次回は2月10日です。

           研究会の会場風景

第143回~第144回については、当HP内の「ブログ」と「過去の例会」をご覧下さい。

 

第142回研究会(2017年11月18日)のテーマは「若手起業家とベンチャー」でした。

第141回研究会(2017年10月18日)のテーマは「芸術とベンチャー」でした。

第140回研究会(2017年9月16日)は「ソーシャルビジネスとベンチャー」

第139回研究会(2017年8月19日)は「スタートアッパー・プレゼン大会」

第138回研究会(2017年7月15日)は「女性とベンチャー」

第137回研究会(2017年6月17日)は「医療・介護・健康とベンチャー」

第136回研究会(2017年5月20日)のテーマは「地方創生とベンチャー」