大阪ベンチャー研究会                                                                  (https://www.osakavken.com)        2019年8月10日

                        

                     ご案内

皆様 

 毎日、猛暑日が続いていますがお変わりはございませんか?さて、8月の大阪ベンチャー研究会のご案内を申上げます。定例は第3土曜日ですが、お盆のため1週間遅らせ、第4土曜日の8月24日に開催します。お間違えのないようにご予定を宜しくお願い致します。

 さて、今回も、大変、魅力的な2社のベンチャー経営者に登壇して頂きます。有意義な時間を共有できるものと確信しています。ご参加下さい。

 まず、最初は、「認知症ゼロ社会への挑戦~認知症を希望に変える~」というタイトルで、ニューワンズ株式会社代表取締役の新庄一範様に講演して頂きます。認知症は、老化による物忘れのことではなく、脳の細胞の死滅や活動低下によって、認知機能に障害が起き、日常生活・社会生活に困難を来たす、若い人でも起こりうる病気です。これが、今、大きな社会問題になっています。新庄一範様は、この問題に挑戦され、優れた結果を出しておられます。加えて、新時代の経営である「理念経営」を実践して、これに成功しておられます。今回、これらについて話して頂きます

 また、第2報告では、「キッチンから世界へ f-pzl(エフパズル)の歩みー作りたかったのは世界にも過去にも どこにも無かった何かー」というタイトルで、株式会社f-pzl代表取締役の西島洋美様に講演して頂きます。西島洋美様は、日常の料理の中からヒントを得て、単形・多色のフエルト・パーツを「LEGO(レゴ)」や「LaQ(ラキュー)」のように組み合わせて、動物や着物など、いろいろな「もの」を創ることができる「f-pzl(エフパズル)」を発明されました。現在、これが量産できる体制が整い、本格的にマーケティングと販売に取組んでおられます。汎用性が非常に広く画期的な発明品だと感じました。幼児向けの知育教材や認知症対策のツールにも使えますし、最近、ロボットに被せられそうだと、さるロボット会社からは、コラボの提案を受けられています。まずは「f-pzl」の実物を見て、皆で、アイデアを出して、西島さんの夢である世界への羽ばたきを応援していきましょう!

 第1部で2つの講演と質疑応答の後、第2部で約1時間グループディスカッション、そして第3部で約1時間半、交流会と懇親会を行います。参加費は格安ですが質は高いので研究会としての満足度は関西随一ではないかと自負しています、が私たちでは気づかない問題もあるかもしれません。その時は遠慮なくご教示ください。活動の一層の発展のために、とくに若手の方の世話人を募集しています。完全ボランティアですが協力して頂ける方がおられましたらお申し出て下さい。

                                  世話人代表 小西一彦

 ******************************************************************************************

.第1報告者:ニューワンズ株式会社HP:http://newones.co.jp/2019年8月10日閲覧

2.第2報告者:f-pzl(エフパズル)HP:https://www.f-pzl.com/2019.8.10閲覧 

********************************************************************************** 

第163回大阪ベンチャー研究会

  (https://www.osakavken.com

日時:2019年8月24日(土)受付13:30~、研究会14:00~17:30、交流会&懇親会17:40~

会場:日刊工業新聞社大阪支社ビル10階A会議室

         天満橋駅(地下鉄/京阪)下車、北浜へ向かって徒歩約5分(エル大阪の手前です)

                          https://corp.nikkan.co.jp/p/company/map/osaka

  webmailerからの参加申込 : https://ssl.form-mailer.jp/fms/20fb1c00273526をクリック下さい。

**********************************************************************************

                             第1部:講演と質疑応答(14:00~16:00) 

 

            テーマ:「高齢社会とベンチャー」       

 

    第1報告:「認知症ゼロ社会への挑戦~認知症を希望に変える~」 

    報告者:新庄一範氏(ニューワンズ株式会社(介護事業)代表取締役)

           

〒520-2144滋賀県大津市大江四丁目12番14号

tel:077-544-1197

fax:077-544-1175

URL  http://newones.co.jp/

         

<講演内容の概要 >

日本に400万人、世界に4000万人以上いると言われる認知症。

認知症を希望に変えるというVisionを掲げた経緯と認知症ゼロ社会に挑戦するニューワンズ株式会社。 

実父の認知症発症と介護を機に独立起業したが創業者(新庄)が、従業員と共に、クレド(企業理念)を創り、「認知症が改善した。」「歩けるようになった。」「しゃべれるようになった。」「新幹線で福島まで行けた。」等々数多くの奇跡を生み出した。 一方、幹部の大量退職を機に、自分たちが本当に「世の中に貢献できることは何か?」を考え、「認知症を希望に変える」というVisionを掲げる。

最後に、学習療法とリコード法で、世界最高水準の認知症ケアに挑戦している今をお話しさせていただきます。

 

<プロフィール>

1971年 京都市にて生まれる。

1991年 京都産業大学経済学部入学。

グリークラブ(男声合唱団)入部。全日本合唱コンクール大学の部にて4年連続金賞受賞(人生初の日本一)。

1995年 将来経営者になることを夢見て、「中小企業向け経営コンサルティング会社」に入社し、14年間中小企業経営者と接しながら、経営を学ぶ。

2007年 当時、日本最大の中小企業向けビジネスマッチングイベント「東京ビジネスサミット」の事務局長として、出展企業1,000社を集め、2日間で3万人が来場(人生2回目の日本一)。

2008年 実父が64歳でアルツハイマー型認知症と診断される。

2009年 人なし金なし経験なしの状態で、4月2日ニューワンズ株式会社設立(大津市大萱一丁目)。

2015年 4月、滋賀県学習療法実践研究会立ち上げ。

本研究会の最初の事業として、ドキュメンタリー映画「僕がジョンと呼ばれるまで」滋賀県上映会を企画運営(7月までに26回上映、延べ2654人来場。人生3度目の日本一)

2017年6月 M&Aによりデイサービス東京進出。

2018年4月 「滋賀で一番大切にしたい会社」(滋賀県中小企業家同友会より認定)

2019年2月 介護リフォーム事業スタート

2019年8月現在、高齢者通所介護施設の真情(まごころ)デイ・サービス10施設、居宅介護支援事業所1カ所、介護リフォーム本舗を運営。

 

************************************************************

第2報告:「キッチンから世界へ f-pzl(エフパズル)の歩み

       作りたかったのは世界にも過去にも どこにも無かった何か

   報告者:西島洋美氏(株式会社 f-pzl 代表取締役)

  

株式会社 f-pzl

大阪府茨木市五十鈴町5-26

Tel&Fax:072-634-8545

HPwww.f-pzl.com

Shop http://f-pzl.shop-pro.jp/

FB   https://www.facebook.com/fpzl.co/

インスタ https://www.instagram.com/pzlcrafts/?hl=ja

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCfXOF6cECahWF9KZySTxObg?-pzl.com

 

 

<講演者のプロフィール>

京都市出身

京都工芸繊維大学卒業

 

<講演内容の概要>

キッチンカンパニー~思いつきでスタートした台所からの起業~

 ・ アイデアの誕生

 ・ 経験の引き出しが生きた商品開発

 ・ 評価は高いのに認知度が上がらない

ざっくりしておりますが、とりあえず以上です。

まだ時間はありますので、ゆっくりまとめていきたいと思います。

よろしくお願いします。

**********************************************************************************          第2部:グループ・ディスカッション(16:10~17:30) 

発表者を囲んで、グループに分かれて、自己紹介も行い、それぞれが意見を述べ合い、

情報交換を行ないます。最後に、グループの司会者から、全員に、意見の整理と報告を

行ない、テーマについて、情報共有を行ないます。

***************************************************************************

          第3部:交流会&懇親会 (17:40~19:10)

         会場:「酒蔵 多氣」大阪市中央区北浜東2-13 TEL.06-6941-0639

         https://tabelog.com/osaka/A2701/A270104/27041364/

 

       ◆ 第3部だけの参加は不可です。懇親会の受付は16:10までです。

***************************************************************************                    参加費等

当日会費は、会員社会人は500円(同学生は無料)、非会員社会人は1000円(同学生は

500円)、交流会&懇親会費は会員社会人は2500円、非会員社会人は3000円、学生は

2000円です。会員になるには、入会費は無料ですが、年会費が必要です。4月~3月の

1年間有効で2000円(学生は1000円)です。10月~3月では半額です。会員番号は

固定制です。会員証は会場受付でお渡しします。この研究会で会員になられると、神戸

ベンチャー研究会、北摂ベンチャー研究会、京都ベンチャー研究会にも会員と同じ条件

で参加できます。是非、ご入会下さい。

***************************************************************************

          ◆研究会(8月24日)への事前参加申込書

配布冊子の部数など会場準備の都合がありますので、なるべく事前にお申込みをお願いします。

webmailerからの参加申込 : https://ssl.form-mailer.jp/fms/20fb1c00273526をクリック下さい。

世話人の方の電話番号やメールアドレスをご存知の方は、世話人の方にお伝え頂いても受け付けます。

但し、その場合は、下記をお伝えください。

1.お名前

2.ご所属名

3.研究会に参加

4.交流会&懇親会にも参加

5.その他:ご連絡

*当日、会場で参加される方のお名前と所属名を配布させて頂きます。もし、記載は不都合という

 おられましたら、事前にその旨をお知らせ下さい。部分的に不記載にするなど配慮させて頂きます。

***************************************************************************

           ◆関西の4ベンチャー研究会等の日時・場所          

大阪ベンチャー研究会   毎月第3土曜日午後2時~、天満橋駅から北浜へ5分、日刊工業新聞社10階、https://www.osakavken.com 但し、8月は第4土曜日に開催します

北摂ベンチャー研究会   毎偶数月第1土曜日午後1時半~5時、茨木市役所5分、クリエイトセンター、http://www.hokusetsuventure.jimdo.com

神戸ベンチャー研究会   毎月第4土曜日午後1時~5時 JR三宮駅下車、北へ5分、日本経済大学学,http://kobeventure.jp 

京都ベンチャー研究会   2019年 月 日(木)午後6時~、京都丹波口駅5分、KRP ASTEM

http://www.kyoto-venture.com 

 NBK起業の鉄則研究会 毎月第2土曜日午後2時~5時、神戸新開地駅5分、甲南アセット大開ビル、  

 http://www.kounan-asset.com/

***************************************************************************    webmailerからの参加申込 : https://ssl.form-mailer.jp/fms/20fb1c00273526をクリック下さい。

  その他のお問合せ/ご連絡:小西一彦(世話人代表)konishikazu@gmail.com 

***************************************************************************

   

  上の写真は2019年7月20日(土)開催の「第162回大阪ベンチャー研究会」の会場風景です。

  当日の詳しい内容については、このHPの上段にある「過去の例会」を開けてご覧下さい。