第143回大阪ベンチャー研究会


日頃は何かとご協力頂き有難うございます。今月も宜しくお願い致します。  

ご挨拶

 

 今年も早や12月に入りましたが、いかがお過ごしですか。さて、第143回「大阪ベンチャー研究会」を下記の要領で開催しますのでご参加下さい。宜しくお願い致します。 

 

 第1部では、大阪ベンチャー研究会で発表された、あるいは参加された方々が、縁あって、その後も付き合いを重ね、やがて信頼関係が生まれて、何か一緒に新しい事業を行ないませんか、ということで立ち上がった「コラボ企画事業」の発表会です。このような例は意外と他でもあるのではないでしょうか。手元のシーズを生かして何か新しい事をと考えておられる方には参考になる話が聞けるかと思います。

  

 第2部の「コラボ対象企業募集プレゼン」も、第1部ほどには具体案はないが、何か新しい事をしたい、こんなパートナーを探している、という方のミニ・プレゼンです。これは、まだ、募集中ですので、ご希望の方はご登壇下さい。

 

 3部は、第1部で発表して頂いた2組の方を中心に、コラボ事業化について、いろいろな角度からグループでディスカッションを行なって頂きます。第2部で発表された方も、再度、グループの皆様に内容をお話し下さい。具体的な情報が得られるかもしれません。ビジネス・マッチングの場になれば幸いです。

 

 4部は、いつものとうり、研究会の近場の「酒蔵 多気」で、交流会&懇親会を行ないます。過去、何ヶ月もお休みだった方も、忘年会も兼ねて、お越し下さい。お待ちしています。 

 

世話人代表 小西一彦


研究会の日時と場所

 

日時:2017年12 月16日(土)受付13:30~、研究会14:00~、懇親会18:10~20:00

会場:日刊工業新聞社大阪支社ビル10階A会議室

 天満橋駅<地下鉄/京阪>下車、北浜へ向かって徒歩で約5分、「エル大阪」のすぐ前です。

 

会場地図https://corp.nikkan.co.jp/p/company/map/osaka


テーマ: 「研究会に参加が縁で生まれたコラボ事業」

第1部:コラボ企画事業の事例発表(14:00~15:30)

第1報告:「セミナー営業で見込み顧客をつかむ!今までのコラボと将来のコラボ」

 

報告者松本孝行氏(セカンドチャンス)

〒545-0051 大阪府大阪市阿倍野区旭町3-4-5-202

就労支援事業所こころ阿倍野 内 Tel.070-4031-3528

https://www.2chance.site/aboutme

 

完山祐司氏(エコノス株式会社)

〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町1-7-13トヤマビル3F

TEL : 06-6265-5111 / FAX : 06-6265-5112

E-kanyama@econos.jp

URL:http://www.econos.jp/company/

 

<プロフィール>

松本孝行氏

1983年、兵庫県伊丹市生まれ、立命館大学経営学部卒業パソコンソフト販社、リサイクル商社を経て独立。ホームページ作成に伴うウエブマーケティングの支援(インターネット広告の運用、戦略立案、アクセス解析)やセミナー・イベント企画運営を行なっている。また、障害者就労支援事業にてPC操作の指導なども行なっている。

 

完山祐司氏

関西大学文学部卒業後、法人向けの営業職を経験した後、エコノス株式会社に入社。入社時より、主に新規開拓を担当する。前職時代を含めて、ターゲットの策定こそが営業の肝だと考える。現在は、販促部門の責任者として、自社見込み客の発掘を行なう。その一環として、セミナーの企画と講演を実施。年間で60件以上のセミナーを開催している。

 

<報告内容の概要>

大阪ベンチャー研究会でお会いしてから、エコノス株式会社とセカンドチャンスは何度もセミナーコラボをしてまいりました。一社でもセミナーはできますが、テーマは限られているし、集客や当日受付、会場準備など全て一社で行なわなければなりません。しかし、2社、3社とコラボしてセミナーを行なうことで、200名以上のセミナー参加者を集客することに成功しました。今後、さらにコラボレーションはセミナーだけにとどまらず、様々な形で広がりを見せていくことが予想されます。現在のコラボとその将来展望まで、ご紹介致します。  

 

 

 

 

第2報告:「光る西陣織 F-jin(風神)」

 

報告者稲森麻子氏(株式会社フィルノット 専務取締役)

Office:京都府乙訓郡大山崎町大山崎谷田77-60 618-0071

Atelier:大阪府三島郡島本町桜井4-13-16 618-0022

Tel:075-962-0774

http://www.philknot.com

inamori@philknot.com

 

酒井貴寛氏(西陣織ブランドSTARRAIN)

https://www.starrain-jp.com/

 

<プロフィール>

稲森麻子氏

1991年同志社大学工学部工業化学科卒業後、サンスター株式会社のオーラル研究所で研究員として所属。1993年よりフィルノットにて、光ファイバー造形の仕事に携わり、企画、デザイン、制作を主に行う。東京、大阪、香港、カリフォルニアのエンターテイメント施設の光る衣装、アイドル、アーチストの舞台衣装、照明器具の制作を事業の主軸としている。京都のノンバーバルパフォーマンス 「GEAR」, 劇団新感線「バン!ヴァン!バーン!」、パルコプレゼンツ「Rocky Horror Show」などに光る衣装を納品。

 

酒井貴寛氏

1988年京都西陣織織元の長男として生まれる。大学卒業後、メーカー商社にて営業に携わる。2014年、商社に勤めながら西陣織ブランドを立ち上げ、2015年にイタリア・ミラノサローネに自身で製作した「西陣織ハイバックチェア」を出展。出展料をクラウドファンディングで資金調達を行う。2016年に独立しブランド運営を基本とした活動を行う。018年にフランスデザイナーとコラボレーションをした製品をフランス・メゾンエオブジェに出展予定。今後海外市場を視野に活動を続けている。

 

<報告内容の概要>

2015年大阪ベンチャー研究会にて、西陣織ブランドSTARRAIN 酒井貴寛、フィルノット 稲森麻子がそれぞれ登壇。その後、2016 年12月に「光る織物」を開発することができないかと、大阪ベンチャーのご縁で酒井から稲森にコンタクトがあったことよりスタート。西陣織の織元である酒井と、光ファイバーを知り尽くした稲森が、お互いのノウハウ、知識をぶつけ合い、まずは光る広幅のものを10センチ織るところから開発を始める。STARRAINとフィルノットのコラボレーションは単なる共同開発ではなく、お互いの強みを惜しみなく出し合い、伝統の技術と現代の素材、先端のテクノロジーを融合させた未来につながる新素材の開発へとたどり着いた。光が入っていなくても、西陣織の織物として存在感をもち、一旦光ファイバーに光が入ると、全く違った表情をもつ「F-jin(風神)」これから、インテリア業界、ファッション業界をターゲットに営業を開始する。


第2部 コラボ先募集のプレゼンテーション(15:40~16:30)

報告者:田村耕作氏(東洋紙工株式会社. 代表取締役)

https://www.toyoshiko.jp/

〒575-0055 大阪府四條畷市西中野1-11-32

電 話: 072-878-5541

ファクシミリ: 072-878-9397

 

ダンボールを素材に新製品の開発を考えておられる方を探しています。紙芝居師の方とで紙芝居の枠を制作するなどの企画事例があります。


第3部:グループ・ディスカッション(16:40~18:00)

第1部の発表者を囲んで、グループに分かれて、再度、テーマをめぐって、発表者と参加者が、感想や意見を述べ合い、テーマについて、有益な情報の収集と交換を行ないます。最後に、グループの司会から全員に議論の整理と報告を行ない、テーマについての情報共有を行ないます。


第4部:交流会&懇親会 (18:10~19:50)

会場:「酒蔵 多氣」大阪市中央区北浜東2-13 Tel.06-6941-0639

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270104/27041364/

3部だけの参加は不可です。懇親会の受付は4:30までです。


参加費等

当日会費は、会員社会人は500円(同学生は無料)、非会員社会人は1000円(同学生は500円)、交流会&懇親会費は会員社会人は2500円、非会員社会人は3000円、学生は2000円です。会員になるには、入会費は無料ですが、年会費が必要です。4月~3月の1年間有効で2000円(学生は1000円)ですが、10月~3月では半額です。会員番号は固定制です。会員証は会場受付でお渡しします。この研究会で会員になられると、神戸ベンチャー研究会、北摂ベンチャー研究会、京都ベンチャー研究会にも会員と同じ条件で参加できます。是非、ご入会下さい。


◆12月16日の大阪ベンチャー研究会に参加申込受付中

どちらからでも可能です。E-Mailの場合は、メールの本文に下記をご記入下さい。

  1. お名前
  2. 研究会に参加
  3. 懇親会にも参加
  4. その他

◆関西の4つのベンチャー研究会等のお知らせ(各研究会の参加費は各HPでご確認下さい)

 

  1. 大阪ベンチャー研究会   毎月第3土曜日午後2時~、天満橋駅から北浜へ5分、日刊工業新聞社、次回は1216日、午後2時~です。
  2. 北摂ベンチャー研究会   毎偶数月第3水曜日午後6時半~茨木市役所東のクリエイトセンター、次回は1220日午後6時半~です。
  3. 神戸ベンチャー研究会   毎月第4土曜日午後1時~JR三宮駅の北5分、日本経済大学三宮校7階、次回は1223日午後1時~です。
  4. 京都ベンチャー研究会   毎奇数月第2水曜日午後6時~、京都丹波口駅KRP又は同志社大(詳しくは、研究会のホームページを開けてご確認下さい。ちなみに、次回は、KRPASTEMで、1222日<金>17:0019:00の予定です) 
  5. NBK起業の鉄則研究会 毎月第2土曜日午後2時~5時、神戸新開地、甲南アセット大開ビル、次回は

◆来年1月~3月の大阪ベンチャー研究会のテーマのお知らせ

1月20日(第144回) IT関連技術とベンチャー

2月17日(第145回) デザインとベンチャー

3月17日(第146回) 環境・エネルギーとベンチャー


◆過去については、HPの中の「ブログ」または「過去の例会」ページを開けてご覧下さい。

http://www.osakaventure.jimdo.com osakavken.com でもHPは開きます。


研究会の会場風景

(各報告者のプロフィールや講演内容などは「過去の例会」ページを開けてご覧下さい)

第142回研究会(2017年11月18日)のテーマは「若手起業家とベンチャー」でした。詳しい内容は、このHPのトップ「過去の例会」と「ブログ」のページを開けてご覧下さい。

第141回大阪ベンチャー研究会(2017年10月18日)テーマ「芸術とベンチャー」ご報告

第141回研究会は「芸術とベンチャー」をテーマに、3人の芸術家の皆さんに登壇して頂き、市場社会における芸術活動の厳しさと可能性、社会の芸術活動への理解と支援の必要性、などを学習しました。講演だけでなく、約1時間のグループディスカッションを通じて、それぞれ、その分野では最高を極めようとされている芸術家としての真摯な態度と高い質の人生設計、合理的な経営実践などに、大きな感銘を受けるとともに、ベンチャー企業の経営者、とくにソーシャルビジネスの経営者、にも通じるものがあることを感じました。社会的にも意義は大きいので、是非、応援させて頂きたい、そんな気持ちにさせられるお3人でした。

 

服部洸太郎氏(ピアニスト) http://pinocoa.com/

植木美帆氏(チェリスト)http://www.mihoueki.com/

福呂一榮氏(伝統装束調進着装司)http://www.iyasaka-kyoto.co.jp/

第140回大阪ベンチャー研究会(2017年9月16日)「ソーシャルビジネスとベンチャー」

第139回大阪ベンチャー研究会(2017年8月19日)「スタートアッパー・プレゼン大会」

第138回大阪ベンチャー研究会(2017年7月15日)研究会と懇親会「女性とベンチャー」

第137回大阪ベンチャー研究会(2017年6月17日)「医療・介護・健康とベンチャー」

第136回大阪ベンチャー研究会(2017年5月20日)テーマ「地方創生とベンチャー」