日頃は何かとご協力頂き有難うございます。今月も宜しくお願い致します。  

********************************************************************************** 

          第155回大阪ベンチャー研究会(https://www.osakavken.com

   

                                                           20181126日  

                                                               ご挨拶 

 

皆様 今年ももうすぐ年末ですが、いかがお過ごしですか。さて、大阪ベンチャー研究会の12月度例会の準備が整いましたので、ご案内致します。今回のテーマは「より良い環境づくりとベンチャー」です。研究会の後の交流会&懇親会は忘年会も兼ねて楽しく行ないたいと思います。ぜひ、ご参加ください。お待ちしています。

                                  世話人代表 小西一彦

*********************************************************************************

                  日時と場所

名称:第155回大阪ベンチャー研究会(http://www.osakaventure.jimdo.com

日時:20181215日(土)受付13:30~研究会14:00~懇親会18:10

会場:日刊工業新聞社大阪支社ビル10A会議室

天満橋駅(地下鉄/京阪)下車、北浜へ向かって徒歩約5分(エル大阪の手前です)

        https://corp.nikkan.co.jp/p/company/map/osaka

     第1報告:「屋外空間におけるシェアリングエコノミーの挑戦」

            報告者:中谷タスク氏(株式会社Replace代表取締役)

               2報告:「電磁波対策屋が『今できること』」

            報告者:青山哲久氏(株式会社デンツ代表取締役)

               3報告:「建設会社とダンプのマッチング『DANPOO(ダンプー)』

                     ~ICT活用で残土処分を効率的に~」

            報告者:杉本 雄作氏(株式会社Bridge(ブリッジ)代表取締役)

    ◆参加申込受付 https://ssl.form-mailer.jp/fms/20fb1c00273526

********************************************************************************                  テーマ:より良い環境づくりとベンチャー 

    第1部:事例講演と質疑応答(14:001630

 

 第1報告:「屋外空間におけるシェアリングエコノミーの挑戦」

     報告者:中谷タスク氏(株式会社Replace代表取締役)

 

大阪市北区西天満6-9-10-4

HP:http://www.replace-inc.com 

Tel.: 06-6948-5520

“人の為に、場所の価値を創造する。”

私たちReplace(リプレイス)は、風景という最も価値のある共有の資産を通じ、世の中に忘れ去られた

場所をデザインとビジネスのアイデアで結びつけ、価値ある風景の再生を目指しています。

Replaceは、「場所を変える」という意味があります。時代の流れとともに、人々が過ごす環境や使い方、

その利用価値は日々変化していきます。私たちは、ただその場所のデザインを変えることだけでなく、

その場所が持つ本当の価値を見出しトータル的な視点を持つことがこれからのデザインであり、

私たちの使命だと考えています。

 

<中谷タスク氏のプロフィール>

      1982年和歌山県生まれ。2007年京都造形芸術大学大学院修了。ランドスケープデザイナー、

      一級建築士、京都造形芸術大学非常勤講師。

株式会社長谷工コーポレーション、株式会社E-DESIGNを経て2016年株式会社Replace設立。「人の為に、場所の価値を創造する」を経営理念として掲げ、ビジネスモデルデザインとランドスケープデザインを実践。「屋上」を再生する飲食事業「OKUTERA」を展開。天橋立のリゾート施設「星音」では2017年京都デザイン賞を受賞。現在は、屋台による起業副業と遊休地をマッチングさせるサービス「STAND3.0」を開始し、デザイナーからアントレプレナーとして活動。

 

<講演内容の概要>

屋外空間におけるシェアリングエコノミーの挑戦。

屋台による起業副業と遊休地をマッチングさせるサービス「STAND3.0」のビジネスモデルのご紹介ご確認頂ければ幸いです。

*****************************************************************************************************************

2報告:「電磁波対策屋が『今できること』」

    報告者:青山哲久氏(株式会社デンツ代表取締役)

 

 665-0805 兵庫県宝塚市雲雀丘 3 丁目 14-7

Tel.072-759-0277 Fax.072-759-2020

一般社団法人 日本電磁波協会

インストラクター電磁波測定士

                http://www.denz.co.jp

                              https://www.emfa-japan.org 

 

<青山哲久氏のプロフィール>

青山哲久S.54.08.13  39歳未年

兵庫県宝塚市出身

家族構成: 妻・長女(小5)・次女(小3)・長男(小1

役職: 株式会社デンツ代表取締役/ 日本電磁波協会(EMFA)インストラクター

経歴: 医用電子機器メーカーを辞め電磁波対策事業スタート。

現在は日本唯一の専業電磁波測定士として活動中。

オールアース工法の普及を行う一方、電磁波測定士講座やセミナー講師を勤めている。

趣味: スキー、スノーボード、ウォーキング、ドライブ

日課: ブログを書く、少しの筋トレ

 

<講演内容の概要>

21世紀の公害と呼ばれる電磁波の存在

・便利な暮らしが生んだ電磁波環境

・電磁波と生きていく初めての世代(子供たち)

・電磁波対策屋が考える「今できること」(電磁波との共存方法)

 

*****************************************************************************************************************

3報告:「建設会社とダンプのマッチング『DANPOO(ダンプー)』

ICT活用で残土処分を効率的に~」

   報告者:杉本 雄作氏(株式会社Bridge(ブリッジ)代表取締役)

 

<杉本 雄作氏のプロフィール>

1978年生まれ  兵庫県伊丹市在住。

2000年 ダンプカー 1 台を所有する事から個人事業としてビジネスをスタート。

2007年 事業を法人化、株式会社エイトライン設立

残土処分の方法を常傭での請負いから、小ロット多現場対応の受注式に変え、従来の方法から、売り上げ3倍・粗利1.5倍にすることに成功、現在も業績を順調に伸ばしている

20182月 株式会社Bridge設立

20184月 建設会社とダンプ事業者をマッチングするプラットフォーム『DANPOO』をリリース業界に大きなインパクトを与えている。

大好きな建設業に恩返しをしたい、自分を信じてついてきてくれる社員 や取引先を必ず幸せにしたい、その想いで日々前進。

   

  <講演内容の概要>

現状の残土処分の方法は、電話やFAXでのやり取りが主流で情報がバラバラにあるので様々な非効率が生じている。当社の『DANPOO』は、この非効率を解消するため、オンライン上に建設現場とダンプの情報を集め、最適配車し、ICT技術で生産性向上を図るシステムである。位置情報の共有(MAP機能)、残土1台でもダンプの手配可能の受発注システム、相互評価機能、オンライン決済で会計の簡素化、支払い履歴・作業履歴などの各種書類作成・管理の簡素化等、これまでなかったサービスを提供する。またダンプ車両用重量計測器の共同開発も行っており、遠隔でも積載量管理や運行管理ができる土のトレーサビリティシステムに発展させたい。ずさんな管理の最終残土処分場の社会的問題も本システムで解決し、さらに残土のリサイクルを促進することで地球環境に貢献したい。

 

*****************************************************************************************************************

                             第2部:グループ・ディスカッション(16:4018:00

 

1部の発表者を囲んで、グループに分かれて、「より良い環境づくりとベンチャー」に

ついて、深堀で議論を行ないます。それぞれが意見を述べ合い、情報交流を行ないます。

最後に、グループの司会(世話人)から、全員に、議論の報告を行ない、テーマについて情

報共有を行ないます。 

***************************************************************************************************************************

                                  第3部:交流会&懇親会 (18:1019:50)

 会場:「酒蔵 多氣」大阪市中央区北浜東2-13 TEL.06-6941-0639

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270104/27041364/

3部だけの参加は不可です。懇親会参加の受付は4:30までです。

***************************************************************************************************************************

                              参加費等

当日会費は、会員社会人は500円(同学生は無料)、非会員社会人は1000円(同学生は

500円)、交流会&懇親会費は会員社会人は2500円、非会員社会人は3000円、学生は

2000円です。会員になるには、入会費は無料ですが、年会費が必要です。4月~3月の

1年間有効で2000円(学生は1000円)ですが、10月~3月では半額です。会員番号は

固定制です。会員証は会場受付でお渡しします。この研究会で会員になられると、神戸

ベンチャー研究会、北摂ベンチャー研究会、京都ベンチャー研究会にも会員と同じ条件

で参加できます。是非、ご入会(年会費をお支払)下さい。

***************************************************************************************************************************

                    ◆第155回大阪ベンチャー研究会(1215日)参加申込書

·      webmailerからの参加申込 https://ssl.form-mailer.jp/fms/20fb1c00273526

·      通常Mailか電話からでも受付けます:(宛先) konishikazu@gmail.com 090-3845-8795

·      いずれからでも可能ですが、Webmailer以外の場合は下記をお教え下さい。

1.    お名前                                

2.    ご所属名

3.   1・2部の研究会に参加

4.    第3部の交流会&懇親会にも参加

5.    その他

*当日の参加予定の方の名簿を配布させて頂こうと考えています。不都合な方がおられましたら、その旨もお書き下さい。迷惑にならないように不記載にするなどの配慮をさせて頂きます。

**************************************************************

            ◆関西の4ベンチャー研究会等のお知らせ

             (詳細は各HPでご確認下さい)     

1.    大阪ベンチャー研究会   毎月第3土曜日午後2時~、天満橋駅から北浜へ5分、日刊工業新聞社大阪支社

             ビル10階A会議室

2.    北摂ベンチャー研究会   毎偶数月第3水曜日午後6時半~茨木市のクリエイトセンター

3.    神戸ベンチャー研究会   毎月第4土曜日午後1時~JR三宮駅の北へ5分、日本経済大学

4.    京都ベンチャー研究会   京都丹波口駅KRP(詳しくは、研究会のHPを参照下さい)

5. NBK起業の鉄則研究会 毎月第2土曜日午後2時~5時、神戸新開地、甲南アセット大開ビル

        

        その他のお問合せ/ご連絡:小西一彦(世話人代表)090-3845-8795konishikazu@gmail.com

***************************************************************************************************************************