日頃は何かとお世話になり有り難うございます。今月も宜しくお願い致します。

         大阪ベンチャー研究会              https://www.osakavken.com) 

 

 第178回大阪ベンチャー研究会開催のご案内

 

                                                                      2021226

皆様

 いつも大阪ベンチャー研究会へのご支援ご協力ありがとうございます。20213月度の大阪ベンチャー研究会のご案内を申し上げます。

 今年度最後の研究会は、関西圏雇用労働相談センター様との共催で実施させていただきます。

 テーマは「コロナ時代の働き方」です。まず初めにコロナ時代の働き方において重要なテーマであるDXの支援に取り組まれている株式会社副社長の高室様にご講演をいただきます。

 また関西圏雇用労働相談センターから、相談員・社会保険労務士 奥田敬明先生にテレワーク導入・運用時における労務管理についてお話しいただきます。

 講演者を囲んでのオンラインでのグループディスカッションも実施予定です。奮ってご参加のほどお待ちしております。

 

※オンラインのため、事前申し込み無しの参加はできませんので、必ず、下記参加フォームよりお申し込みください。

                       大阪ベンチャー研究会世話人一同

***************************************************************

                178回大阪ベンチャー研究会「コロナ時代の働き方」

            H P:https://www.osakavken.com

 日時:2021320日(土)研究会14:001630 (5分前より入室可能)        

   会場:ZOOMにて開催(参加申し込みをいただいた方にZOOMURLをお知らせ

    いたします。)

 事前参加申込 : https://kecc.jp/seminar_list

    (今回はKECCHP経由のお申し込みとなります。)

 参加費:無料(会員以外の方でもご参加できます。)

   定   員:100名(先着)

   申込期限:319日(金) 18:00まで

**************************************************************

       1部 研究会:テーマ「コロナ時代の働き方」(14001530

     

 第1報告:「デジタルトランスフォーメーション[DX]の必要性と完全デジタル化した

                 働き方」

     報告者: 株式会社副社長 代表取締役 高室 直樹 氏

 

   講演内容:なぜいまデジタルトランスフォーメーション[DX]が必要なのかその背景

                 と様々なITツールやRPAを活用した弊社の完全にデジタル化したワークス

                 タイルとビジネスモデルを公開します。

 

   講演者プロフィール:

          1980年大阪府生まれ。甲南大学経営学部を卒業後、不動産業界と保険業界で

          経営者向けの営業経験を経て、2013年に株式会社副社長を創業。

          当初は経営者に向けたビジネスマッチング事業が主体であったが、時代の変化

         に合わせ自社をDXし、RPA導入サポート・DX推進サポート・サイバーセキュリ

         ティ構築サポートを提供するデジタル化コンサルティング企業へと生まれ変わっ

         た。

                H P:  https://fukusyachou.com/

 ----------------------------------------------------------------------------------------

2報告:「テレワーク導入・運用時における労務管理の留意点」

    報告者:  社会保険労務士・KECC相談員 奥田敬明 氏

 

  講演者プロフィール:

         大手製薬メーカーの法務部長として、グループ会社を含めたM&Aやリストラク

         チャリングの計画・実施の際の法的検討、パワハラ・セクハラ、従業員の懲戒等 

         の個別労働紛争の解決、人事制度改定の際の法的検討などを含めて企業法務全般          を経験。現在は社会保険労務士・中小企業診断士のダブルライセンスを活かし              て、雇用・労働法制と人事・労務管理について境目のないコンサルティングをモ          ットーに、公的機関の専門家相談員、経営アドバイザーなどを中心に活動中。

 

                 H P:https://kecc.jp/

             

***************************************************************

               2部 グループディスカッション15401630

 

     ZOOMのブレイクアウトルーム機能(グループ分け)を用い、講演者を囲んでの 

   質疑応答。

------------------------------------------------------------------------------------

 ※重要 年会費のお支払いについて

 

参加費は、会費という形でお支払いください。年会費は、今年度は半年分(2020年10月から2021年3月までのセミナー6回分)として1000円になります。すでに先月以前にお支払い済みの方は重複してのお支払いは不要です。万が一重複してお支払いの場合は返金できない場合がございますのでご注意ください。お支払い方法としては、以下の方法があります。

 

1) 口座振込にて支払う

以下のいずれかの銀行口座に振り込んでください。

手数料は参加者負担になります。 

 

①ゆうちょ銀行(ゆうちょ銀行から振り込む場合)

銀行名 :ゆうちょ銀行

記号   :14050

番号  :49593861

口座名義:オオサカベンチャーケンキュウカイ

 

②ゆうちょ銀行(ゆうちょ銀行以外から振り込む場合)

店名】:四〇八(読み ヨンゼロハチ)

【店番】:408

【預金種目】:普通預金

【口座番号】:4959386

 

③りそな銀行

銀行名  :りそな銀行

支店名  :茨木西支店

科目   :普通

口座名義:オオサカベンチャーケンキュウカイ

口座番号:0154816

 

2)Peatixにて支払う

下記U R Lより年会費支払いをお選びください。

(毎月の参加申し込みは別途必要です。)

 https://peatix.com/event/1687496/view?k=89da0edb117a2a2cb66b244ed27df5035d9d48fe

 

入金が完了していなくても研究会にはご参加いただけますが、なるべく速やかなお支払いをお願いいたします。

***************************************************************

           お問い合わせ: osakavken@gmail.comまで 

***************************************************************

                                 大阪ベンチャー研究会            

                https://www.osakavken.com             

***************************************************************

   ご案内:     関西4ベンチャー研究会ネットワーク

               <ご案内> 

◆関西の4つのベンチャー研究会は互いに連携して関西のベンチャーの発掘と支援のための活動を行っています。いずれかの研究会で会員になられた方はの研究会でも会員並みで参加することができます。ご入会下さい。(会員は毎年更新の年会費制です)。現在、いずれの会場もオンライン(ZOOM)開催です。

  

北摂ベンチャー研究会

    毎偶数月第1土曜日:受付13:30~研究会14:00~16:00,その後交流会

https://www.hokusetsuventure.jimdo.com

●京都ベンチャー研究会

  毎奇数月第s3水曜日18:30~20:30 その後、懇親会

     http://www.kyoto-venture.com  

大阪ベンチャー研究会                 

  毎月第3土曜日:受付13:55~研究会14:00~15:30交流会~16:30

   https://www.osakavken.com 

●神戸ベンチャー研究会                  

   毎月第4土曜日:受付12:30~研究会13:00~15:00 その後、懇親会

      http://kobeventure.jp

 

    -------------------------------------------------------------------------------------

 別途、ご案内:関西ベンチャー学会「第6回ビジネスモデルとベンチャー研究部会」

日時:2021年3月13日(土)午前10:00~12:00 オンライン(ZOOM) 

◆場所:オンライン(ZOOM)で行います。ZOOM会場に入場用のURLは記入されたメールアドレス宛に

    3月11日~12日に送信します。参加費は無料です。     

参加申込みhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/c71dec58692205をクリックし記入し送信ください。

メールで申し込まれる際のタイトル名は「第6回ビジネスモデルとベンチャー研究部会参加」でお願いします。

  1.お名前:()、2.ご所属名:()、3.メールアドレス:()、4.電話番号:()

送信宛先は、右アドレス(小西一彦)迄:konishikazu@gmail.com

————————————————————————————————————————–————————–

         第6回ビジネスモデルとベンチャー研究部会

第1報告:「スマホとSNS によって変化した写真概念」

  報告者:大平哲男氏(阪神写真館代表取締役社長、大阪商業大学非常勤講師)

<プロフィール>

1957年 神戸市生まれ。青山学院大学経営学部卒業。神戸商科大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得退学。ミノルタカメラ株式会社を経て株式会社阪神カメラ入社。現在、阪神写真館株式会社代表取締役社長。

*論文「日米フイルム摩擦の顛末―コダックによる301条提訴と富士の対応」『貿易と関税』第46巻第4号,平成10年4月(財)日本関税協会、他。

<講演内容の概要>

私がカメラ業界に初めて入った当時は、多くのカメラ店はDPE事業からの収益に依存していた。次第にデジタルカメラが主流になることによって、多くのカメラ店は廃業していった。そのような中において、弊社は写真館へと転換して会社の存続を図った。しかし、その写真館の多くもカメラ店ほどではないにしろ衰退している。 そして「写真」の概念も、撮影機器(カメラ)の進化にともない変化した。デジタルカメラの登場前は、私たちはプリントにされたものを「写真」と呼んでいた。それが、画像に変わり、加工されたものになった。最近は「スマホ」で「写真」を撮るようになっている。「カメラ」は「スマホ」であると言って過言でないかもしれない。

「スマホ」の登場で、「写真」の概念は、ハード面から変化しただけでなく、ソフトやサービスの面からも変化している。その利便性の高さが写真の撮影でも評価され、撮影の仕方や「写真」に対する考え方、関連のビジネスまで変化している。とくに「SNS」との親和性の高さのインパクトは大きい。「スマホ」と「SNS」の組み合せで、これまでの写真の顧客層は拡大したが、これまで顧客層でなかった人々(女性層)も顧客層に加わっている。このように、「写真」の概念は時代とともに変化し、写真ビジネスも変化し、新しい写真文化が生まれている。

———————————————————————————————————————-——————————-

第2報告:「中古ブランド品販売企業における鑑定士育成システム」

安藤 根八氏(あんどうこんぱち)(大阪市立大学大学院創造都市研究科博士課程)

<プロフィール>

大学卒業以来45年間、流通、廃棄物、環境、リサイクル、リユースの編集、出版事業に従事し、新聞メディアやNHK情報番組「生活ほっとモーニング」にコメンテーターとして100回以上情報を提供した。しかし、中古品流通の学術的価値を論じた文献はまだ存在していないことに気づき、2016年、68歳で大阪市立大学大学院創造都市研究科修士課程に入学。2018年に同大学院博士課程国際地域経済領域に進学して、中古品流通の研究を進めている。

<講演内容の概要>

中古ブランド品販売企業にとって競争優位を確保するためには、優秀な鑑定士を育成し、買取り商品の増大を目指すことが必要である。豊富な商品知識と真贋鑑別能力を有し、買取り価格の査定を行う鑑定士は熟練人材であり、経営資源である。「中古ブランド品業界トップ」「質屋業界トップ」「買取に特化するベンチャー企業」を特徴とする業界大手3社の鑑定士育成について、野中郁次郎の「知識創造理論」の4つの知識変換プロセス「SECIモデル」を分析フレームとして、「暗黙知」から「形式知」へとスパイラル変換していく過程を3社のビジネスモデルに沿って明らかにする。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

         ◆ビジネスモデルコンテストAWARD2021

                  <ご案内>       開催は3月6日です!

◆昨年度に続き、今年度も「ビジネスモデル・コンテスト」が開催されます。関西の4つのベンチャー研究会(神戸、大阪、北摂、京都)はこの開催に「協賛団体」として協力しています。そこで、関係者の皆様に、ご応募のお勧めと案内を申し上げます。既に優れたビジネス・モデルを実施中の経営者の方や将来有望なビジネスモデルのアイデアをお持ちの方は、是非、ご応募下さい。コンテストの趣旨や応募の要領など、詳しい情報は下記アドレスをご参照下さい。

        https://www.bmi-network.com/