大阪ベンチャー研究会                                                                  (https://www.osakavken.com)        2019年6月29日 

                        

                     ご案内

皆様 

 「第4次産業革命」がグローバルに展開する中で、AI,など新時代のICT技術の開発で遅れをとった日本は、GAFA(グーグル、アマゾン、フェースブック、アップル)やBAT(バイドウ、アリババ、テンセント)など米中の巨大プラットフォーマー企業にデジタル市場を占拠されて、ここ数年、未来への展望を見失った感がありましたが、先日(6月27日)、京都ベンチャー研究会で講演を頂いた経済産業省の佐々木啓介様の話を聞いて、少しは明るい気になりました。同省では、今、米中の「一極集中型」でなく、「ネットワーク型・分散型」のモデルで「諸外国とグローバルな連携」を行い「新たな官民パートナーシップを構築」して、SDGsの実現を目指すとの方向で取り組みが始まっているようです(拠点は「WEF第4次産業革命日本センター」)。これは良いアイデアの気がします。9つの重要テーマ別にプロジェクトチームが立ち上げられ、マルチステークホルダーで議論・研究し、実証実験や政策提言を行なってようです。この9つのテーマの一つとして「ドローンの民生利用」が言われていました。

 そこで今月の大阪ベンチャー研究会ですが、この「ドローンの民生利用」で先頭を歩まれている「株式会社自律制御システム研究所」(ACSL)でCOO(最高執行責任者)をされている鷲谷聡之様が、当研究会に来て講演を行なって下さいます。グッドタイミングです。

 そして、上の日本型モデルの特色の一つとして、「人間中心」(Human Centric)ということも言われていましたが、この「人間中心」で経営を徹底して実践されている、現在、ロボット開発にも熱心に取組んでおられる、株式会社藤原電子工業代表取締役社長の藤原義春様がお二人目として講演を行なって下さいます。確かに日本はAIなどでは世界に遅れをとりましたが、「産業用ロボット」では、今も日本は世界一ですので、この分野でも、大いに期待を持てるでしょう。

 今後、関西は、そして日本は、「第4次産業革命」にどう対応し、激動する世界の政治・経済の中でどう生き残っていくことが出来るのか、上のホットなテーマを軸に、二つの講演を聞いて、皆で話し合い、より良い見通しを得ていきたいと思います。今月も、多数の皆様のご参加を下さいますよう、宜しくお願い致します。お待ちしています。

                                  世話人代表 小西一彦

(参考資料)

1.久保大輔「ドローンの歴史と技術発展https://www.jstage.jst.go.jp/article/sicejl/56/1/56_12/_pdf2019年6月29日閲覧

2.ロボット革命イニシアティブ協議会「HP」https://www.jmfrri.gr.jp/2019.7.2閲覧 

******************************************************************************* 

第162回大阪ベンチャー研究会

  (https://www.osakavken.com

日時:2019年7月20日(土)受付13:30~、研究会14:00~17:30、交流会&懇親会17:40~

会場:日刊工業新聞社大阪支社ビル10階A会議室

         天満橋駅(地下鉄/京阪)下車、北浜へ向かって徒歩約5分(エル大阪の手前です)

                          https://corp.nikkan.co.jp/p/company/map/osaka

             ◆事前参加申込: https://ssl.form-mailer.jp/fms/20fb1c00273526

**********************************************************************************

                             第1部:講演と質疑応答(14:00~16:00) 

 

            テーマ:「ドローン・ロボットとベンチャー」       

 

    第1報告:「ドローン使用による業務の自動化/無人化/IoT化の新ビジネスモデル」 

    報告者:鷲谷聡之氏(株式会社自律制御システム研究所(ACSL)COO)

                         

          261-7132 千葉市美浜区中瀬二丁目6番地1 WBGマリブウエスト32F

ACSL (Autonomous Control Systems Laboratory Ltd.)

WBG Marive West 32F, 2-6-1 Nakase, Mihama-ku,

Chiba-city, Chiba 261-7132, Japan

URL:https://www.acsl.co.jp/ 

 

   <鷲谷 聡之氏のプロフィール> 

 

       2016年7月よりACSLに参画。以前はマッキンゼー・アンド・カンパニーの日本支社

               およびスウェーデン支社にて、日本と欧州企業の経営改革プロジェクトに従事。

     早稲田大学創造理工学研究科修士課程修了。 

 

   <講演の概要> 

 

     従来のプラント点検においては、点検画像の取得から、保守の判定、および調書の

     作成まで、全工程を人が実施してきました。

 

     ACSLは業務組み込み型ドローンシステムをご提供することで、業務自動化/無人

     化/IoT化の新しいビジネスモデルをご提案しており、今回はその具体的な事例を

     ご紹介します。

 

**********************************************************************************      第2報告:「企業つくりは人つくり」

            人つくりの先にあるものは・・・

  

    報告者:藤原義春氏(株式会社藤原電子工業 代表取締役 社長)

                       

                        URL:https://fdk-ltd.jp/ 

                 

<藤原義春氏のプロフィール>

1955年 三重県度会郡紀勢町(現:大紀町)生まれ 64

1970年 金型製造会社就職

1976年 プリント基板プレス加工会社勤務

1993年 5月に金型製造技術とプリント基板プレス加工歴20年の経験をもとに、藤原電

     子工業を創業。

1998年 ㈲藤原電子工業を設立(後、株式会社に変更)

1999年 異業種交流会設立・産学連携に取り組む・プリント基板バリ無し金型研究開始

2000年 イモビライザー受注

2004年 プリント基板用バリ無し金型完成(SAF金型)

2005年 大阪府経営革新支援法承認・中小企業家同友会入会

2007年 大手車載メーカーよりSAF金型の技術承認・金型工場設立

2008年 海外企業からもSAF工法の受注開始・八尾市産業振興会議委員

    「50年後も輝く中小企業」に記載(日刊工業新聞)八尾ロボコン大会出場

2009年 大阪ものづくり元気企業受賞

2010年 関西モノづくり元気企業受賞・ロボット開発部設立

2012年 SAF金型の技術更新(スーパーSAF工法)開発

2013年 現工場への移転、分散した工場を一ヵ所へ集約・著書「あきらめない」出版

2015年 SAF工法の技術更新(ミラクルSAF工法)開発・異業種G「有志の会」を立上

     社会福祉法人 信貴福祉会 理事長就任

2017年 産業用ロボット販売開始

2018年 RSAF工法開発 「みせるばやお」設立 代表理事就任

2019年 日本経済新聞の「人間発見」に5日間連載される

現在役職 ㈱藤原電子工業 代表取締役社長 

社会福祉法人 信貴福祉会理事長 

「みせるばやお」 代表理事

青少年進路指導協会 理事

加入団体 八尾商工会議所・大阪府中小企業家同友会・八尾市倫理法人会

八尾市バリテクノロジー研究会・青少年進路指導協会

八尾経営技術交流会「マテック八尾」・八尾ライオンズクラブ「みせるばやお」

 

  <講演内容の概要>

 

企業つくりの神髄は人つくりから、人つくりの先に企業の発展がある。

小規模企業が少ない人材を本気で育てるとはどんなことか、厳しい経営環境を乗り

切るために経営者はどんなことに取り組む必要があるのか。

自律的・自覚的経営者を目指した経験談の報告です。

       

**********************************************************************************

  第2部:グループ・ディスカッション(16:10~17:30)

 

発表者を囲んで、グループに分かれて、自己紹介も行い、それぞれが意見を述べ合い、

情報交換を行ないます。最後に、グループの司会者から、全員に、意見の整理と報告を

行ない、テーマについて、情報共有を行ないます。

***************************************************************************

          第3部:交流会&懇親会 (17:40~19:10)

         会場:「酒蔵 多氣」大阪市中央区北浜東2-13 TEL.06-6941-0639

         https://tabelog.com/osaka/A2701/A270104/27041364/

       ◆ 第3部だけの参加は不可です。懇親会の受付は16:10までです。

***************************************************************************                    参加費等

当日会費は、会員社会人は500円(同学生は無料)、非会員社会人は1000円(同学生は

500円)、交流会&懇親会費は会員社会人は2500円、非会員社会人は3000円、学生は

2000円です。会員になるには、入会費は無料ですが、年会費が必要です。4月~3月の

1年間有効で2000円(学生は1000円)です。10月~3月では半額です。会員番号は

固定制です。会員証は会場受付でお渡しします。この研究会で会員になられると、神戸

ベンチャー研究会、北摂ベンチャー研究会、京都ベンチャー研究会にも会員と同じ条件

で参加できます。是非、ご入会下さい。

***************************************************************************

          ◆研究会(7月20日)への事前参加申込書

配布冊子の部数など会場準備の都合がありますので、なるべく事前にお申込みをお願いします。

webmailerからの参加申込 : https://ssl.form-mailer.jp/fms/20fb1c00273526をクリック下さい。

世話人の方の電話番号やメールアドレスをご存知の方は、世話人の方にお伝え頂いても受け付けます。

但し、その場合は、下記をお伝えください。

1.お名前

2.ご所属名

3.研究会に参加

4.交流会&懇親会にも参加

5.その他:ご連絡

*当日、会場で参加される方のお名前と所属名を配布させて頂きます。もし、記載は不都合という

 おられましたら、事前にその旨をお知らせ下さい。部分的に不記載にするなど配慮させて頂きます。

***************************************************************************

           ◆関西の4ベンチャー研究会等の日時・場所          

大阪ベンチャー研究会   毎月第3土曜日午後2時~、天満橋駅から北浜へ5分、日刊工業新聞社10階、https://www.osakavken.com

北摂ベンチャー研究会   毎偶数月第1土曜日午後1時半~5時、茨木市役所5分、クリエイトセンター、http://www.hokusetsuventure.jimdo.com

神戸ベンチャー研究会   毎月第4土曜日午後1時~5時 JR三宮駅下車、北へ5分、日本経済大学学,http://kobeventure.jp 

京都ベンチャー研究会   2019年 月 日(木)午後6時~、京都丹波口駅5分、KRP ASTEM

http://www.kyoto-venture.com 

 NBK起業の鉄則研究会 毎月第2土曜日午後2時~5時、神戸新開地駅5分、甲南アセット大開ビル、  

 http://www.kounan-asset.com/

***************************************************************************      その他のお問合せ/ご連絡:小西一彦(世話人代表)090-3845-8795 konishikazu@gmail.com 

 

***************************************************************************

   

  上の写真は2019年3月16日(土)開催の「第158回大阪ベンチャー研究会」の会場風景です。

  当日の詳しい内容については、このHPの上段にある「過去の例会」を開けてご覧下さい。